歳月の中で・・・

c0319651_83006.jpg



震災当初に必要だったこと。

その過程で必要だったこと。

そして”今”必要なこと。


私たちの活動が必要か不必要かと問われれば意見の別れるところかもしれません。

また「仏像を彫る」という事は非常に時間の掛かる事でもあります。

私たち自身も焦燥感を募らせ、常に自問自答しています。

しかし、そうやって時間が過ぎ、被災地の方と接している中で、

”手を合わせる”、”心を寄せる”『仏像』というものが大きな役割を果たせるのだという確信を持てたような心持ちがしました。













[PR]
by butuzohono311 | 2014-05-14 08:46 | 東北に仏像を・・・
<< 五回忌法要 鑿入れ式・・・ 炬燵を囲んで・・・ >>